Kyoto (Kyoto prefecture、Kyoto)

京都で創業する魅力について ~ カナダから京都へ、そして京町屋を活用して創業 ~

Interview
article cover image

= 京都で創業する魅力について、京町屋を活用したコワーキングスペース「ガーデンラボ」を立ち上げられたカナダ出身のWallinさんにお話を伺いました。


- Wallinさん、ガ―デンラボを創業された経緯を教えてください。


 2009年、私はカナダにあるブリティッシュコロンビア大学で日本語科目を専攻していました。留学できるプログラムだったので、立命館大学に1年間留学することに決め、京都に滞在することになったのです。日本文化全般を研究するよりも、テ―マをより絞って研究しようと思っていたところ、京都で実施されたホ―ムパ―ティ―で京町家に出会い、「これは」と感銘を受け、京町家について研究を始めました。


 その後、カナダに戻った私はソフトウェア会社を創業し、子会社を日本で立ち上げました。お客様が東京に多かったこともあり、最初は東京でオフィスを探そうと考えました。しかし、東京のオフィスはコストが高く予算と合いません。2014年当時、既にIT業界ではリモ―トワ―クが普及していたので、「オフィスは東京でなくても良いのではないか」と思い、京都に戻り、京町家スタイルのオフィスに入居することになりました。


 京町家スタイルのオフィスでは、庭を見ながら四季の移り変わりを感じられたりするなど、自然を感じながら人間らしく働くことができました。これが私にとっては非常に大きな出来事でした。

「人間らしい働き方ができる」と実体験を通じて感じた京町家スタイルのオフィスを、私は多くの方々にも提供したいと考え、コワーキングスペース「ガ―デンラボ」を創業しました。



― 京都の魅力をビジネス・住環境の両面で教えてください。


 京都は「タレントが見つけやすい」と言われていて、実際に私もそう思います。ビジネスで必要な人材を採用しやすい点は非常に魅力的です。


 また、京都はコミュニティの中での繋がりが強く、コミュニティに一度入ってしまえば信頼関係を築くことができて人材同士の連携がスム―ズにできる点は、ビジネス上の大きなメリットだと感じています。また、京都はヒュ―マンスケ―ル(人の感覚や動きに適合した空間やものの大きさ)が残っている町で、都心にも関わらず圧迫感なく落ち着いて生活できる点も気に入っています。


 ガ―デンラボの裏道を散歩していると素晴らしい場所をいつも発見できます。自由に歩きながら冒険することができる点は、海外の方には特に魅力的に感じるのではないかと思います。ぜひ京都で、あなたのビジネスをスタートアップさせてください。